2013年02月04日

YAMAHAのアコギアンプ、THR5Aをレビュー!!

THR10C,10Xに遅れる事数ヶ月、遂に発売されましたね〜!!
シリーズの中でもアコースティックギター用に特化したギターアンプ!!

thr5A.jpg
YAMAHA / THR5A ヤマハ ギターアンプ

早速試奏してみました!
もう素晴らしいの一言、流石THRシリーズ!!
このボディサイズからは考えられないくらいの音圧!
弦の響きもしっかり拾っており、とても心地良い音。
このサイズなんで、前評判は上々だったものの実際どうなんだろう…?と半信半疑でしたが、驚かされました。

期待を裏切らない良いアンプです。
モデリングによって様々な表情を見せてくれるのも実に嬉しい。

ではでは以下、サウンドレビュー!
thr5amod.jpg
5種類のアンプモデリングが内蔵されています。
4種類はアコギ用ですが、一番下の「EG CLN」はその名前の通りエレキギター用のクリーンアンプ。

@EG CLN
サウンドは従来のTHR5,10に搭載されてるCleanチャンネルと同じようなプリプリしたサウンドでした。
元々エレキギター向けなのでアコギで使うと若干音圧は軽めではありますが、ドライなカッディングに使えそうな音でした。

ANYLON
こちらはクラシック(ガット)ギター向けのアンプチャンネル。
エレガットでもエレアコでもゆったりとマイルドなサウンドでした、このアンプモードならエレキウクレレなんかにも最適ですね!

BTUBE
チューブマイクでサンプリングしたような暖かみがあり、ローミッドがガッツリ出てくれる豊かなサウンド
弾き語りやバンドでのエレアコ使用に向いていそうな太い音です。
ちなみにチューブマイクとはなんぞや?と言う人はここを参照。
余談ですけど、チューブマイクってプロ用機材だからかめっちゃ高いですよね…ベリンガーやRoadは別ですが。

CDYNAMIC
アコギをダイナミックマイク録音した音のモデリング。
音域こそタイトなものの、お陰でミッドにハリがあり芯のあるサウンドに仕上がってます。
ダイナミックマイク特有の空気感もしっかり再現されているのが実に素晴らしいです♪

DCONDENSER
このサウンドが個人的に一番好きでした!
ローからハイまでレンジが広く、サウンドに透明感がありソロギター系なんかには非常にマッチしそう。
搭載されているディレイやリバーブなどの空間系と合わせると更に浮遊感がある大変心地良いサウンドに仕上がります。

スクリーンショット 2013-02-04 14.33.10.png

アンプモデリング以外の操作パネルもアコースティックギター仕様になっているのでご紹介。

BLENDはラインとマイクの混ざり具合を設定する端子っぽい。
この端子はモデリングがEG CLNの時はGAINとして機能する模様。

また、エフェクトのツマミもレイアウトが今までのTHRと若干違ってました。
ディレイやリバーブなどはほぼ同じなものの、今までフランジャーやフェイザーなどのエフェクト項目があったところがコンプレッサーに変わってます。
まぁアコギの場合はモジュレーション系のエフェクトはあまり使いませんからね〜この変更は結構良いと思います。
もちろん、じゃあフェイザーやフランジャーなどのエフェクトは使えなくなってしまったのか?といえば、そうではなく。
THRAD.jpg
THRの専用エディターを使いPC側で操作すればフランジャー、フェイザー、トレモロなどの従来のエフェクトも使用可能!

従来からのオーディオインターフェイス機能、電池駆動などもしっかり搭載。
音も機能もこの価格ではあり得ないほど充実しています。

価格や音量度外視で考えるなら、AERなどのハイエンドアンプの方が良いのでしょうけど…値段高いし、購入してもデカ過ぎて鳴らせないですからね…。
かと言って、エレキギターのアンプに比べてアコギ用って1〜2万円台はあんまりラインナップが充実してなかったんですよねぇ。
そういった事も含めて、THR5Aは自宅で手軽に使うアンプとしてはもう文句無しです。


あ、あとiPhoneを持ってる人に向けて追記。
1203160101.jpg

ヤマハからTHR Sessionというアプリが無料でリリースされています。
コレが中々優秀でして
機能@:楽曲のテンポやピッチを可変出来る
機能A:楽曲のギター/ベース音をキャンセル機能、逆にギター/ベース音だけを抽出出来る
機能B:任意に指定した範囲を繰り返し再生出来る


無料でこれだけの機能を有しています。素敵!

楽曲の練習やセッション演奏用としてはもちろん
@でスロー再生させながらAでギターだけを抜き出してBで繰り返し聞く、なんて方法で耳コピも捗りますね〜◎



うむむ。
惹かれるなぁ…。欲しいなぁ…。

posted by Disk0324 at 15:38 | Comment(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: